ご挨拶

手書きのラブレターを直接渡すように…
一期一会

二代目女将 倉橋恭加YASUKA KURAHASHI

青柳の創業は昭和24年。今では、創業時の釜飯はもとより、寿司、季節料理、郷土料理と多彩なお品書きで皆様にご利用いただいております。

お客様に喜んでいただけるには、お料理からおもてなしまで、「まごころ」を込めることと考えております。例えば、青柳の大切にしているひとつに、お米。研ぎ方・炊き方、まさに「まごころみがき」の原点がここにあります。

気という字「氣」は、米を炊く時の蒸気を表します。人も元気、勇気、やる気等々…氣が大切。つまり、命の源となるもの。目には見えませんが、確かにそこにある「氣」の力。 青柳では「お米会議」というのを開いて、スタッフみんなで試食して使うお米を決めています。一時間ごとに炊き上げたごはんを皆様に召し上がっていただきます。「磨きこんだ真心」が湯気と香りに垣間見えたなら幸せでございます。

おもてなしとは、いわば毎日が台本のない一期一会の舞台。人間関係も飾らず、まっすぐ、人の心と向き合う。自分の心の奥にひそむ純粋な人間性を見つめると、お客様の心の姿にも気づくようになる。時には優しい光、時には華やかな光を纏いながらお客様と接する。おもてなしもお料理も「まごころ」だと。

大切な人と大切な時を過ごしていただく店として、例えると手書きのラブレターを直接手渡すように…、手づくりのお料理と心づくしのおもてなしでお迎えしたいと願っております。

震災を乗り越え、
営業再開から熊本の復興に向けて

代表取締役社長 倉橋 篤ATSUSHI KURAHASHI

当店の経営理念として「真心 勇気 親和」を掲げています。真心をもっておいしい料理を提供し、お客様のために勇気をもって行動、共に働く仲間を大切にしようという想いが込められております。震災後はこの経営理念の元、従業員一同力を合わせて営業再開できした。甚大な被害に遭った時こそ、経営理念が活かされ、また支えられるのだと、その大切さを感じました。市役所で行った被災者の方々への炊き出し支援は、従業員の結束を高めると同時に、皆様から当店の役割をあらためて教えていただく機会にもなりました。

これからも、熊本の郷土料理店として精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

花童(はなわらべ)について

城下町の文化もお愉しみいただきたいと、毎週水曜日の夜には花童による日本舞踊のおもてなしを行っております。

熊本の民謡を中心に、振りに肥後観光を取り入れた青柳流。例えば、お城を見学するような所作など。肥後五十四万石や、牛深ハイヤ節、山鹿灯篭の歌、田原坂、おてもやんなど、親しみのある曲目を入れてつくりあげています。

お座敷にてご披露いたしますので、お食事とともにお愉しみくださいませ。

※基本毎週水曜日(水曜以外をご希望の場合はご相談ください。)
※サービス料は頂戴いたしません。

熊本少女舞踊団「花童」公式ホームページはコチラから