ご宴会幹事様へ

心づくしのお料理を、
より美味しく召し上がっていただきたくて…

ご宴会中、20分お食事時間を確保していただくと
矢印
当店オリジナルふりかけ
「もったいなかつお」プレゼント

もったいなかつお

青柳の想い

青柳へのご来店 誠にありがとうございます。
日本では輸入に頼りながら、多くの食べ物・飲み物が廃棄されています。同時に世界各地で飢餓に苦しむ人が約8億人いると言われています。
青柳ではフードロスを減らす取り組みとして、持続可能な開発目標(SDGs※)の活動を推進。皆様が手作り料理を堪能いただくことで、フードロスの軽減につながります。
ご賛同いただきました方々へは心ばかりですが、枕崎産かつお節の出汁がらをふりかけにしました、当店オリジナル「もったいなかつお」を差し上げます。
世界各地の飢餓に苦しむ人のため、これからを生きる子どもたちのためにも、今ある資源を大切にし「もったいない」を減らすこと。社会の一員としての責任を果たしていきたいと存じます。
何卒 ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

青柳 代表取締役 倉橋 篤
女将 倉橋 恭加

持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals=SDGs エス ディー ジーズ)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。
(引用:外務省ホームページ「JAPAN SDGs Action Platform」https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.htmlより)